#あじらこじら

よみものびぼうろく

技術系の経営者なら読んでおきたい『本田宗一郎 夢を追い続けた知的バーバリアン』野中 郁次郎 (著)

f:id:asilla:20181216211457p:plain

日本の企業家7 本田宗一郎 夢を追い続けた知的バーバリアン (PHP経営叢書)

技術系の経営者であれば、本田宗一郎氏の伝説は、本を読むまでもなくその多くの伝説を聞き及んでいるはず。そして、なんの縁もないのに、心の中で「おやっさん」と呼んでいるはず。

Wikipediaを読んだだけでもうっすら涙がにじむくらい熱い「おやっさん」の生き様を、知識創造理論の世界的権威である著者が、その本質に迫ったのがこちらの本。

本田宗一郎 - Wikipedia

 

全章、武者震いをしながら読めた。

この思想こそ革新を生む思想だ、と直観的に感じた。

技術系の経営者にはぜひご一読いただきたい一冊。

 

さて、弊社はこの数年以内に自社の研究者メンバーをビジネス向けの組織と分離しようとしている。そのため、技術研究所設立の目的が特に参考になった。

  • 研究所を利潤追求組織の中に置かず、独立させる。一緒くたにすると、継子扱いされてしまい、研究の質が下がるため。
  • ピラミッド型のヒエラルキー構造の組織ではなく、個々人の研究成果でキャリアアップする文鎮型組織にする。

想像するに、上記の二点は他の企業もやっている話だと思うが、以下は初耳だった。とても合理的で高い効果を生み出せそう。

 研究所はホンダの売上げの三%を予算としてもらい、その見返りに設計図面をホンダに売る。研究所のミスによって、ホンダが損をした場合、研究所が損害賠償を負うという仕組みを持っていた。研究所だからアカデミックだなんて威張っていられない、その点で、博士養成を自慢する他の研究所とはまったく違う、と宗一郎は力説した。

野中郁次郎.日本の企業家7本田宗一郎夢を追い続けた知的バーバリアン(PHP経営叢書)(Kindleの位置No.925-928).株式会社PHP研究所.Kindle版.

このように研究開発、設計というフェーズをビジネス上重要視していたのがわかる。

さらに以下の一文からも読み取れる。

「図面は命令書なんです。だからよその会社では設計屋が偉いんですけれど、ホンダに行くと本田宗一郎さんはまず設計を怒鳴るんです。設計は源流ですから、設計を間違えると後のみんなも間違えるんですよ。設計の間違いは、そのあとの何千人が右往左往することになるんですね。だからまず『設計したヤツを呼んで来い』と。そこはよその会社と全然違うと思いますね。要するに、設計の基本を間違えなければ下流で間違えない。そういう感じでしたね」。

野中郁次郎.日本の企業家7本田宗一郎夢を追い続けた知的バーバリアン(PHP経営叢書)(Kindleの位置No.1916-1921).株式会社PHP研究所.Kindle版.

R&Dや設計などの上流でミスがあると、下流の全員がいかにリソースをかけようとミスをすることになる。そして、その下流でかかわった人間の評価は上がらない。

だからこそ「上流を厳しく」と言うわけだ。

弊社も上流を厳しくしていきたいと心に誓った。

 

余談だが、日本のIT業界は上流に優しい。理由は下流が下請けだからだ。仕様をいくら変更しようと、委託した仕事は最後まで責任もってやってもらうという、上流に甘い時代が続いたため、社内にIT部門を持ち、膝を突き合わせてITのビジネス活用を発展させている米国企業と大きな差が生まれてしまったのが現状だ。

そろそろ上流に厳しくいきましょう。

 

最後に、この、いかにも「昭和の技術者による経営」というのは、SNSで話題のMBA現役4人衆にはどう映るのか、ズバリご意見聞いてみたい。

「時代が味方した」とか「ブラック企業以外のなにものでもない」とか言うのかな(笑) → 東大・京大・早慶→一流企業のエリートが「日本ヤバイ」と言う理由(後嶋 隆一) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)

 

そんなこと言ったら灰皿で殴りますよ。

号泣しながら。

なんつって。

 

『人工知能システムのプロジェクトがわかる本』を読んでから、自社システムに人工知能を導入しましょう(お願いします!!)

f:id:asilla:20181209141526p:plain

「自社システムに人工知能を導入したいときに読む本」

 

著者の本橋さんは、NECのシニアデータアナリストの方です(2018年現在)。

本橋 洋介: アナリスト紹介| NEC

 

NECはAIの分野で世界屈指の企業で、年間のAIプロジェクト数もかなり多いと推測でき、そのナレッジはふんだんに蓄積されているはずです。帯の「開発の現場を知る技術者のノウハウが満載」ってのは伊達じゃないはずです。

私なんかが言うのはおこがましいですが。

 


AIがチョコレートで時代のムードを再現「あの頃はCHOCOLATE」 [NEC公式]

 

本書は、自社システムに人工知能を導入するための一連の流れ、つまり企画・開発から運用・保守までに大事なポイントがつかめる本です。

 

【主に次のような方々が対象』

●人工知能システムを開発するプロジェクトマネージャやエンジニア

●人工知能システムを発注するユーザ企業内の情報システム担当者

●自分が使っているシステムに人工知能を搭載することを企画する業務部門の担当者

 

私が考える本書最大のポイントは、Chapter 2.1「通常のシステムの開発プロセスと、人工知能システムの開発プロセスの違い」です。

 

当社にジョインしたPMが一番最初に躓く部分で、ここをあらかじめ知識として持っておくのはその後の立ち上がりを素早くするでしょう。各フェーズごとの相違点が細かく分かりやすく記載されているので、AIプロジェクトをマネジメントする(したい)PMは、ぜひ一読を。

はじめは一般的なシステム開発との違いに戸惑うでしょうが、これも慣れです。プロセスに若干の違いがあるだけで、マネジメントは結局マネジメントです。

あ、そうそう、当社にジョインするとすぐに実践できますよ(ボソッ ☞ AI開発実務経験不問! -人にやさしいAI- を作るための仲間募集 - 株式会社アジラのエンジニア中途・契約・委託の求人 - Wantedly

 

最後に、(願わくば)自社にAI導入しようとする企業のご担当者様もこのあたりの知識を身に着けてくださると、共通の言語が得られ、スムーズにプロジェクトが進行し、双方メリットが大きいと思います。

 

ぜひご一読いただけますと幸いです。

 

『伝説の新人』は、ぜひ若き勇者に読んでいただきたい一冊

f:id:asilla:20181208235343j:plain

伝説の新人 20代でチャンスをつかみ突き抜ける人の10の違い

 

著者の一人、紫垣さんに頂戴した。

紫垣さんのご実績をお聞きしたところ、過去に私と半径30mくらいの距離まで接近したことが何度かある、、、そんな人生のニアミスを経ての邂逅でございました。

これはディスティニー。 

 

さて、そこの若き勇者よ。

 

ひとまず、この本を読んでおくべきだと思う。

各章の金言を実行できるか、できないかはともかく、この本に書かれたことは知っておくべきだ。さしずめ、これから冒険に旅立つ若き勇者への「冒険の書」といったところ。

勇者の心構えをたっぷり吟味してくだされ。

紫垣さんから渡された本書は、@kofukofu28 氏に渡しておくので、読みたい人は彼にコンタクトしてください。

 

さて、ここからはわたしの所感。

 

このなかで、私が最も賛同したのは「仕事が楽しいと人生が楽しい」というところ。

f:id:asilla:20181209004612p:plain

ウォズニアックもそう言っている

いつの頃からか、私は仕事とプライベートの境界が消え失せている。

これをワークライフ・インテグレーションと呼ぶらしいが、時間も忘れて没頭すると本当に楽しい。楽しくて、楽しくて仕方ない。まるで小学生の頃に、ドラクエ3やっていたときのよう。

特に、AI技術なんてのは前人未踏の奥深さがそこかしこにあって、それはまさにチャンスでしかないし、自社プロダクトや基礎技術を引っ提げて営業に行けば、誰もがすごく褒めてくださるので、何をやっても楽しい状態だ。

 

しかし、ほとんどの人はこれらを分かちたがる。雇われた労働者だから与えられた仕事をこなすのが義務であって、それは当然正しいし、経営者としては「君たち、寝食も忘れて没頭しなさい」なんて言ったら、あっという間にブラック企業の仲間入りだ。

 

ただし断言しよう。

この世のすべての偉人は寝食も忘れて何かに没頭したタイプで、そうでなければ偉人たりえない。これは、定時がどうの、裁量がどうの、というルールの話ではなく、没頭できるほど夢中になれるものがあるかどうかだ。

そういうものを見つけられたら、人生は幸せなんじゃないだろうか。

 

 

さて次に、私があまり賛同できない内容は「与えられた目標は、200%の達成を最低基準に」というところ。これは新人というより、事業企画としての考え方だが、目標に対し確実に100%達成する戦略を立て、それ以外のリソースをリスクマネジメントに充て、トラブルが起きても100%を達成できるように施策を練るのが中堅ビジネスマンに求められる所作。

よって、200%なんてそもそも考えない。

これはポジションによる差異だと思うので、若き勇者は200%と言わず、500%くらいを目指して駆け抜けてほしい。

アリアハンあたりでギガンテスをやっつけてほしい。

 

最後に、これ。

f:id:asilla:20181209003833j:plain

できる方法を探せ

私は「できない」という言葉が嫌い。

我々技術者の仕事は、できる手段を考えることであって、できない理由を考えることではない。できない、できないと言ってる時間があれば、何とかしてできる方法を探そう。直接的・間接的な解決でも、代替案でも、善後策でも何でもいい。

とにかく、1mmでも前へ、というのがアジラのスタイルです。

ではまた('◇')ゞ