#あじらこじら

よみものびぼうろく

『人工知能システムのプロジェクトがわかる本』を読んでから、自社システムに人工知能を導入しましょう(お願いします!!)

f:id:asilla:20181209141526p:plain

「自社システムに人工知能を導入したいときに読む本」

 

著者の本橋さんは、NECのシニアデータアナリストの方です(2018年現在)。

本橋 洋介: アナリスト紹介| NEC

 

NECはAIの分野で世界屈指の企業で、年間のAIプロジェクト数もかなり多いと推測でき、そのナレッジはふんだんに蓄積されているはずです。帯の「開発の現場を知る技術者のノウハウが満載」ってのは伊達じゃないはずです。

私なんかが言うのはおこがましいですが。

 


AIがチョコレートで時代のムードを再現「あの頃はCHOCOLATE」 [NEC公式]

 

本書は、自社システムに人工知能を導入するための一連の流れ、つまり企画・開発から運用・保守までに大事なポイントがつかめる本です。

 

【主に次のような方々が対象』

●人工知能システムを開発するプロジェクトマネージャやエンジニア

●人工知能システムを発注するユーザ企業内の情報システム担当者

●自分が使っているシステムに人工知能を搭載することを企画する業務部門の担当者

 

私が考える本書最大のポイントは、Chapter 2.1「通常のシステムの開発プロセスと、人工知能システムの開発プロセスの違い」です。

 

当社にジョインしたPMが一番最初に躓く部分で、ここをあらかじめ知識として持っておくのはその後の立ち上がりを素早くするでしょう。各フェーズごとの相違点が細かく分かりやすく記載されているので、AIプロジェクトをマネジメントする(したい)PMは、ぜひ一読を。

はじめは一般的なシステム開発との違いに戸惑うでしょうが、これも慣れです。プロセスに若干の違いがあるだけで、マネジメントは結局マネジメントです。

あ、そうそう、当社にジョインするとすぐに実践できますよ(ボソッ ☞ AI開発実務経験不問! -人にやさしいAI- を作るための仲間募集 - 株式会社アジラのエンジニア中途・契約・委託の求人 - Wantedly

 

最後に、(願わくば)自社にAI導入しようとする企業のご担当者様もこのあたりの知識を身に着けてくださると、共通の言語が得られ、スムーズにプロジェクトが進行し、双方メリットが大きいと思います。

 

ぜひご一読いただけますと幸いです。