#あじらこじら

よみものびぼうろく

研究開発者が持つべき価値観がここに。『未来を発明するためにいまできること ~スタンフォード大学集中講義II』ティナ・シーリグ (著)

f:id:asilla:20181225121717p:plain

未来を発明するためにいまできること スタンフォード大学集中講義II Kindle版 ティナ・シーリグ (著), 高遠 裕子 (翻訳), 三ツ松 新 (寄稿)

創造性は一握りの人だけがもつ「魔法」ではなく、誰もが秘める「内なる力」。
私たちはみな、自分自身の未来を発明する役割を担っている。…………
さあ、思い込みを解き放ち、想像の翼を広げよう。

本書では、個人やチーム、組織のクリエイティビティを引き出すために毎日活用できる手法や状況に注目し、「イノベーション・エンジン」という新たなモデルを提示し、内なる世界と外的な環境がどう影響し合ってクリエイティビティが生まれるのかが解説されている。

f:id:asilla:20181225122045p:plain

イノベーション・エンジン

なかでも、てっぺんのマシュマロの章にある「6 Thinking Hats 」「マシュマロ・チャレンジ」が興味深く、これはぜひ自社でトライしてみたいと思う。

6 Thinking Hats

デボノのモデルでは、チーム内での役割が六つに分けられると考え、六色の帽子で表します。ほとんどの人は、特徴的な役割一色と、それに近い役割を一色か二色もっています。

・白い帽子は、事実を重視し、論理的な人。

・緑の帽子は、新しいアイデアを思いつくのが好きな人。

・赤い帽子は、直感で物事を決める人。

・青い帽子は、管理が得意で、プロセスを重視する人。

・黒い帽子は、穴を見つけ、ダメだしをする「悪魔の代理人」。

・黄色い帽子は、和を重んじる人。

 

自分の特性は何色か。私は赤、そして緑。

あなたは何色?

マシュマロチャレンジ

 

これは早速やってみたい。 

 

我々は研究開発の企業だ。

なぜならば常に前例のないことに取り組んでおり、その創造的な取り組みは、そもそも実験であって、いつ何が出来上がるかわからないからだ。

 

 

いつできるかわからない。残念ながら、これではビジネスにならないので、できる限りフィージビリティを高めるため、作って壊すのサイクル(第9章「がんがん動いて、どんどん壊せ」)の回転数を限界まで高めなければならない。

 

そのためには効果的に、チーム内で起案→実行→評価の流れ、環境を作る必要がある。この本にはその手法やフレームが記されており、利活用できるところは使っていきたいところ。

 

以上。ハノイより愛を込めて。