#あじらこじら

よみものびぼうろく

世界の本当の姿を見極める方法とは。『FACTFULNESS(ファクトフルネス)~10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣』

f:id:asilla:20190112144523p:plain

FACTFULNESS(ファクトフルネス)

この世で「世界」に興味がない人っているでしょうか。

たまにはいるかもしれないけど、どっかの大国でサブプライムローンが焦げ付いたおかげで景気が悪化して給料が上がらなかったり、半島の独裁国家がミサイルを撃って手元のスマホがビービー鳴ったりすることを考えると、ほとんどの人は興味があるはず。

 

でも、その本当の姿は世界中を瞬間移動でもしない限り見極めることはできないし、瞬間移動できたとしても、表面だけ見て判断できることはほんのごく一部。

ゆえに、世界に関する情報のインプットは、第三者、主にメディアを通した情報に頼らざるを得ないのだが、これによってよってもたらされた世界のイメージはこんな感じ。

 

「世界では戦争、暴力、自然災害、人災、腐敗が絶えず、どんどん物騒になっている。金持ちはより一層金持ちになり、貧乏人はより一層貧乏になり、貧困は増え続ける一方だ。何もしなければ天然資源ももうすぐ尽きてしまう」

 

 

正直、私もこの本を読むまではこれに近いイメージだった。

 

いやいや、実はそんなことは無い。すでに人類の91%は中所得か高所得層に属し、徐々に満足いく暮らしができるようになっている。故ハンス・ロスリング氏は、統計的なアプローチを用いてそれらを証明している。

メディアを悪者に仕立てず、人はなぜ世界を悲観的にとらえてしまうのか、データで見る世界はどんな世界かを、まだこれから世界を生きる私たちを勇気づけるように語ってくれている(ような気がする)。

話題性先行のセンセーショナルな情報で心を冷やすよりも、データドリブン(データに基づいて判断・アクションする事)で事実を知ることにより、人々が穏やかに過ごせるようにという温かい思いのこもった本。

 

読み終えてすぐに、私はこれを今年13歳になる娘と、11歳になる息子に読んでほしいと思った。アンタたちの生きる世界はそんなに悪くないよ、こう見えてオトナたちは少しずつだけど世界を良くしてきたんだよ、アンタたちのためにと。

本当は彼のように、”お得意の”バブルチャートとキレのあるトークで語れればいいんだけど、できないなら自分で読んで。

 

 

今年一番、誰かにお勧めしたい本です。

データサイエンスを生業とする者として、心からの敬意を込めて。 

 

 

あわせて読みたい。

note.mu